製造方法について

キャットフード+イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
キャットフードのことならキャットフード+イン >> 製造方法について

製造方法について

おとなしく馬肉を待っているんだニャ〜。

いままで再々お伝えしてまいりましたが、人が食べる馬肉と猫に与える馬肉は根本的に違います。
しかし、ほとんどは人用で余った部位をペット用に回ってきているのが現状です。
ここで問題は、人が食べる馬肉は品種改良と穀物飼育をすることで嗜好性が高いのはいいのですがそれが猫用となると脂分が多くなるということです。
例えば腸は脂が多く溜まるところなので猫用には不向きになります。
ですから当店の内臓物に腸は入れていません。

そういったことを踏まえて当店は猫に与えるべく馬肉を供給しようと考えました。
ねずみや鳥などの小動物を主食としていた肉食の猫が捕食していたように同じく再現しました。
ですから猫に与えている馬肉といっても全て同じではないのです。
その証拠にいままで与えていた馬肉と当店の馬肉を食べ比べをさせてみて下さい。
その違いがハッキリ分かります。

これが馬肉ならいいんだけどニャ〜。

特に国内産で昨日まで生きていた馬の心臓・肝臓・脾臓・肺をミックスした“オーガンズMAX”は猫にとって一番の大好物でビタミンを含む栄養の塊りといっても過言ではありません。
更に骨にも注目しました。

そのまま与えてもいいのですが効率を考えてそれをミンチ状にした“ボーンプレミアム”は 他店にはない商品です。

そして究極は、脂身の少ないすね肉のぶつ切りカットにミンチを加えた“ダブルインパクト”“オーガンズMAX”“ボーンプレミアム”の全てをミックスした『グランプリ』です。

私共はただ肉だけを与えればいいということではなく、完全食を目指しました。

 
毎月28日は猫の日

国産馬肉が毎月28日に安く買える「猫の日」をご利用下さい。冷凍輸入肉を一切使用していません!

2009年 GRAND PRIX開催