いらっしゃいませ

キャットフード+イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
キャットフードのことならキャットフード+イン >> いらっしゃいませ

馬肉プロショップのキャットフード+インへようこそ

 

この度は当サイト「キャットフード+イン」を御覧いただきありがとうざいます。

弊社、有限会社ノニインターナショナルは、マンガイア島やニウエ島・ミャンマーからノニ、中国陝西省からサジーの原液、ペルーのボンボン高原からマカカムカムマダガスカル産バニラビーンズなどを産地より輸入をし、商品化して販売している会社です。
また、「メチルパラベン」などの防腐剤を入れない化粧品コールドプロセス製法の石鹸髪の毛のサプリなど約100以上のオリジナル商品を販売しています。
今回は、犬用の馬肉に加え、猫用の馬肉としても取り扱うことになりました。

キャットフードショップとしては大変珍しい、といいましょうか飼い主様からみると変わっている食餌を売っているなー、思われるかもしれません。(笑)

我々はなるべく人の社会に猫を慣らすのではなく、都合よく飼うだけではなく、猫は猫らしく人と共存することが最も大切ではないかと考え、一番大事な猫の食事のことを考え追求してまいりました。
既に同商品で犬用として馬肉を販売しています。
最初はどの飼い主さんも「犬に馬肉?しかも生?」と驚かれ、「凶暴になったり、野生化しないだろうか・・・。」
とか「一々、解凍して与えるのは面倒くさい。」などいろいろな苦言や意見がありましたが、与えた後はそのような意見は一つもありません。
それは今まで与えてきた合成添加物入りのドライフードと比べて明らかに、栄養価地や鮮度、そして何より喰いつきが違うのです。ともかく美味しそうに食べます。
いつも餌を与えても仕方なく食べていた犬が一度馬肉を食べると食事の準備しているときからヨダレが出て待ちきれない、という仕草をするワンちゃんもいるほどです。
これはこれで大変皆さんに喜ばれて毎月大量の馬肉を出荷しています。
ところが、実際!猫は犬より肉食性が強く生態としても肉のタンパク質が必要な動物であるということに気付いたのです。
猫は消化管が短く、デンプンを消化する酵素が少いので穀物を与えることは良くありません。
しかし、市販のキャットフードに使用されているのはほとんどが「粗タンパク質30%」の穀類のタンパク質が主原料だったり、加熱して酵素や栄養素が少ない、猫缶だったりしています。

挨拶

そうした餌に大量に合成添加物を混ぜ入れることが原因で、最近の猫たちにアレルギーや何らかの生活習慣病が増えてきているのです。
こんな食事を長年与え続けたら、と思うだけで身の毛もよだちます。

サイトを見ていただく中で随所に猫は“肉食動物”である、というフレーズが出てまいります。
いかに猫に肉が大切かが理解していただけると思います。
是非、一度愛猫に国産馬肉を与えてみて下さい。
馬肉は他の動物の肉とは違い大変栄養価に優れています。
特にタウリンは当店の人気1の『馬肉グランプリ』という商品にタップリ含まれています。
詳しいご案内は是非、各ページでお待ちしております。

最後に
貴方の与えている食事は間違っています!

有限会社ノニインターナショナル
キャットフード+イン 店長 西川 諒