馬肉について

キャットフード+イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
キャットフードのことならキャットフード+イン >> 馬肉について
安心な究極の馬肉キャットフード

馬肉について

馬肉の分析表

"食"の安全性を気遣う消費者の意識の高まりとともに国産馬肉に高い関心が寄せられています。
えーっ?猫に馬肉!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、馬肉は市販のペットフードはもとより、牛や豚、鶏肉よりも安心安全で最適なフードなのです。
馬はもともと他の家畜と違い、大量生産が難しい動物なのでそれほど流通はしていません。
放牧で十分に走れるような環境でなければ健康な馬は育たないからです。
一般的な畜肉は、場合によっては肥満にして太らせ肉を多くとることもあります。
しかし、それは高コレステロールの原因となる飽和脂肪酸が多くなりあまり良くありません。
馬肉は必須アミノ酸を非常に効率よく含むすぐれた食品なのです。そういった点でも馬肉はビタミンA、E、鉄分にカルシウムといったビタミンやミネラル分が豊富で牛や豚に比べて脂肪分が少なくさらに馬肉は健康に欠かせない必須脂肪酸といわれるリノール酸、α‐リノレン酸、オレイン酸等が豊富に含まれています。
α‐リノレン酸を吸収するために必要なビタミンEも馬肉は、牛や豚肉の倍以上も含まれています。
馬肉の鉄分はヘム鉄で、ヘム鉄は体にとりこまれやすい特性があります。
馬肉には、肉や血液の他に内臓に草食動物が食べた草類や発酵物、ビタミン、食物酵素などが含まれています。食物酵素は体内で消化を助ける役目をしています。
そして食物アレルギーの原因になりにくく、また消化の良いタンパク質です。少量で充分な量のタンパク質が補えますので、食欲の落ちたシニアのペットたちにもおすすめです。
加えて馬肉は、他の肉と違い厚生労働省のアレルギー指定に該品しはていません。

当店は主に牧草を与えた国産馬肉100%使用しています。

鉄分の量

当店は馬肉以外の商品に関しましてもお客様に安心して召し上がっていただける商品をお届けする、といった一貫した企業ポリシーがあります。
例えば海外の輸入馬肉は、人食用として穀物を与え脂肪をつけることで霜降りになるよう飼育した馬肉です。
その中で人が食べない内臓や筋の多い部分がペット用として使われていますがやはり脂肪分が含まれています。
ですから私どもは人食用馬肉が決してベストとは思いません。また馬肉を食べる習慣のない国の馬の飼育や加工も疑問が残ります。
市販のキャットフードには、各種ビタミン、ミネラルやアミノ酸などの栄養添加物や品質を一定に保つために使われる添加物、ペットの食欲を増進させる嗜好性の添加物、色をいつも一定の色調になるように着色料も使われています。
またエネルギー源として油脂成分も含まなければなりません。
そうなると酸化や劣化はどうしても避けられません。酸化が進むとペットフードの嗜好性が低下するので品質を保つために酸化防止剤が使用されています。
ソフトドライフードなど半湿潤フードには、水分保持のために湿潤調整剤が使用されています。このようにして様々な添加物が含まれています。
このようにドライフードと国内産の馬肉とではアミノ酸の性質が異なります。

当店の国産馬は、生産段階から加工〜市場に出るまでの検査は厳しく徹底されています。
ペット用として処理した安全で新鮮な国産馬肉を取り扱っていますので安心して与えることができます。
愛猫に安全で安心、そして何より新鮮な国産馬肉を提供することを使命と考え日夜努力しております。

 
キャットクラブ

年会費2,000円馬肉が20%OFFでお買い物が出来ます。入金確認後、特典商品をお送り致します。