猫は肉食動物です

キャットフード+イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
キャットフードのことならキャットフード+イン >> 猫は肉食動物です

猫は肉食動物です

ヒョウ

猫種は昔、山野でネズミや野ウサギを捕食をしていました。ところが人々が農業をするようになり、収穫した穀物を倉庫などに備蓄するようになってからそこにネズミが住み着くようになったことから食い荒らすネズミを防除する目的で飼われるようになりました。
最近では見かけなくなりましたがつい最近まで鳥を捕まえて銜えている様子を見かけたものです。
しかし、家だけで飼うことが多くなってきたため、人から食べ物を分け与えられる機会が多くなり、すっかり雑食性に思われがちですが猫は犬より肉食性が強い動物なのです。
猫には動物性の「高タンパク」が必要になります。野菜類や穀物類は犬ほど必要ではありません。
特にタウリンやアルギニンの必要量は体重1kgに対して7.0g、犬は4.8gですからその必要量がいかに大きいかが分かります。

そのアラキドン酸やタウリンは動物性に多く含まれています。
また、ほとんどの方が勘違いしていることですが猫は魚を元々食べてきていません。
酸化した油脂で黄色脂肪症や栄養素が偏って神経炎やヘルニアなど様々な病気になります。
煮干も駄目です。乾物のままでは水分が取りにくいですし、マグネシウムが多く含まれていますから尿石になりやすくなり、「ストルバイト尿石症」を発症する可能性があります。
猫はネコ属ヤマネコ種の1亜種であるイエネコ を意味する「ネコ科」に属しています。

俺たちは雑食じゃニャーずら。

ネコ科は、大型ネコと小型ネコに分けることができ、大型ネコにはライオン、トラ、ヒョウ、ジャガー、チーターなど含まれます。
小型ネコにはヤマネコ、ピューマ、ボブキャットなどに分かれます。
肉食である証拠に猫の生態や身体機能があります。
体長に比べ筋肉質であり、多くの種は鋭い爪で木に登ることが得意としています。また、目は立体視で物を見ることが出来るので獲物までの距離を正確に測ることができます。
よく夜中に猫の目が光りますよね?あれは猫に限らずネコ科は網膜内に光の反射層があり、弱い光でも見える構造になっているため暗いところで光って見えるのです。
耳は人間の耳よりも高い能力をもち、耳を動かして向きを変えることで10万ヘルツまでの帯域を聞き分けが出来るといわれ、音によって獲物との距離を測ることもできるのです。
ネコ科はライオンを除いて、全身に(特に背中)に迷彩模様をもつ種が多かったり、足裏の肉球も足音を消すためであり。これで獲物に気付かれないよう静かに近づくことが出来るのです。

猫はこうした他の肉食動物とほとんど同じ共通点をがあり、狩りに適した性能を持ち合わせています。
ネコ科は肉のみを食料とする種が多く、ほとんどは食物連鎖の頂点にいるのです。
それなのに家で飼っている猫にはドライフードや猫缶だけを与えているのは猫に大きなストレスを与えることになると思います。
猫は消化管が短く、デンプンを消化する酵素が少いのです。合成添加物だらけのそんな物を食べたいなんて思っていないはずです。

猫を可愛がることはとても大切ですが、猫は貴方や家族の一員であり、パートナーではないでしょうか?
決してあなたのおもちゃではありません。
よく、勉強して猫が喜ぶ食餌を与えて下さい。

 
2009年 GRAND PRIX開催