キャットフードは全て同じではない

キャットフード+イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
キャットフードのことならキャットフード+イン >> キャットフードは全て同じではない

キャットフードは全て同じではない

不味いドライフードならいらん!

キャットフードといってもドライタイプ、ウエットタイプ、猫缶、生肉などがありますがこれらは全て役割を持っていません。
むしろキャットフードでもドライ、猫缶と生肉とでは全く違うものとして考えなくてはなりません。
例えば、タンパク質を構成するアミノ酸の中で愛猫が自分の体内で作ることができない要素に必須アミノ酸があります。その数は人間が9種類、犬は10種類、猫は11種類あります。
これは必ず食べ物から摂らなければいけないものですが、香料や着色料、不明の肉を賦形材を使って固めたドライ製品と国内産生の馬肉とではアミノ酸の性質が異なってくるのです。
ドライフードは流通の問題、保存性、利益率などが優先されますからそれをクリアするためには乾燥食品にしなくてはならないのです。そのため、水分は約10%程に抑えられています。

ここでよく考えて下さい!

自然界のほとんどの食べ物には水分が70%あります。これだけでもどれだけ水分が不足しているか一目瞭然です。
そうすると「水分を与えればよい。」と思う方もいらっしゃると思いますが、食事の都度60%もの大量の水分を愛猫が摂るとも限りません。
その上、このドライフードには防カビ剤、着色料、保存剤、酸化防止剤、漂白剤、増粘量、安定剤]等などの合成添加物が含まれています。
一番分かりやすいのは消費者が騙されやすい合成添加物にビタミンC(これを指定添加物と呼んでいます) があります。商品にビタミンCと記述されていたらそれは酸化防止剤だと思ってください。

指定添加物名を書かないでビタミンCと書けばメーカーの印象も良くなる、というわけです。
知ってましたか?便を硬くする薬剤が含まれていることを!!
ですからドライフードを与えられている犬も猫も毎日ほとんど同じような便をしていますよね?

恐ろしいキャットフード

次に猫缶です。缶詰なら水分が入っているから安全と思ったら大間違いです。猫缶といえばマグロがよく使用されていますが猫は元々魚を食べてきた動物ではありません。猫は肉食動物なのです。

むしろ魚は不飽和脂肪酸で酸化した油脂で黄色脂肪症や栄養素が偏って神経炎やヘルニアなど様々な病気になります。更に缶詰は加熱処理をしますので栄養成分や食物酵素の働きが期待出来ません。
それに加えてカラギーナン(増粘安定剤)やエリソルビン酸Na(酸化防止剤)※別名イソアスコルビン酸、亜硝酸Na(発色剤)※別名亜硝酸ソーダに塩化ナトリウム(食塩)などの合成添加物が含まれています。
このように危険な原料を一切使用していないキャットフード、つまり完全無添加の加工されたキャットフードというのは存在しません。

愛猫のおしっこ(尿)はどうですか?
色が濃かったり臭いが強かったりしませんか?
もしそうであれば加工されたキャットフードフードに原因があるかもしれません。
そうしたキャットフードが、愛猫の身体に悪影響を与えているかもしれませんよ。
そんなあなたの愛猫ちゃんは本当に健康でしょうか?

本来猫が食べたいと思っている食事とフードメーカーが売ろうとしている物は実は別なのです。決して猫は人工的に作った加工品を食べようとは思っていませんし、喜んで食べません。
一番良く分かりやすいのがその猫の餌、あなた食べれますか?それでよく分かる人です。人が食べれないような物を猫に与えるのは矛盾を感じませんか?