国産馬とは?

キャットフード+イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
キャットフードのことならキャットフード+イン >> 国産馬とは?

「キャットフード+イン」は海外輸入の馬肉を使用していません!

海外の馬は穀物を与えて霜降りにした脂が多い肉なんだニャー!

企業ぐるみで日常的に行われてきた産地偽装問題は、企業の利益を優先するためです。

そこに同じ馬肉業界でも偽装問題が発覚しました!
2008年11月30日カナダ産馬肉を熊本産と違法表示して販売していたという事件です。
熊本県内の食肉卸売業者が仕入れたカナダ産の馬肉を、原産地を表示せずに食品卸売業に販売し、その会社も産地の確認、表示をせずに食品卸売り販売「ヤマフ」に納品し、そのヤマフは2007年から2008年9月まで「熊本産」馬刺と偽ってその間に約164kg販売していました。
農水省はカナダ産の馬刺しを熊本産と表示、販売したなどとしてヤマフと食品卸売業社に対し、日本農林規格(JAS)法に基づく改善指示を行いました。
事の発端となった食肉卸業者に対しては県が改善報告書の提出をするように指導をしたそうです。

ところが!

国産馬

両社とも「熊本県産だと思って販売した。」と説明したそうですが、国産と輸入品の仕入れ値がそれまでと違うので誰でも安くなっていることに気付くはずですし、今まで馬刺しを販売してきて勘違いなんて有り得ません。
実は、熊本産馬刺しは、熊本県内で食肉処理され数は7,870頭ですがその内熊本産の馬200頭前後です。
ほとんどがカナダからの輸入馬なのです。
これは2005年度までのJAS法では「輸入した畜産動物は3ヶ月以上日本で育てれば国産表示」が出来たのです。
ですから皆さんが熊本産と喜んでいた馬刺しは実際はカナダの馬の方が多かったのかもしれません。(汗)
ところが制度改正により「3ヶ月ルール」は廃止されたので熊本で生まれ育った馬のみを「熊本産馬刺し」とし、県外の場合、「産」を抜いて「熊本馬刺し」として販売しているのです。

馬刺しとキャットフード用では違うと思われているかもしれませんが、海外の馬肉を扱っているショップはカナダ以外でもモンゴル、メキシコ、チリ、オーストラリアなどの馬肉が使われています。
これは元々人の馬刺し用に輸出されている馬肉です。
犬や猫用だけに毎回10トンの冷凍コンテナでは運びません。人用に使わない部位をペットに回しているのです。
「キャットフード+イン」ではこういった問題を避けるため、会津と信州の国産馬のみを使用しています。
安心して愛猫に与えることが出来ます!

 
キャットクラブ

年会費2,000円馬肉が20%OFFでお買い物が出来ます。入金確認後、特典商品をお送り致します。