何故猫に馬肉?

キャットフード+イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
キャットフードのことならキャットフード+イン >> 何故猫に馬肉?
安心な究極の馬肉キャットフード

何故猫に馬肉?

私たちこう見えても肉食なんだニャー

現在でも私たちのパートナーとして生活をともにする猫ですが、皆さんは餌として何を与えていますか?
ほとんどの人がドライフードですよね。ホームセンターで買ってくる。
しかし、その肉や加工されたフード、元々どんな肉を使ってどのようにして加工されているか分かっていますか?
猫は元々肉食動物です。しかも犬とは違い追撃で獲物を捕らえるのではなく、待ち伏せして鋭い爪と牙で相手を倒します。
猫は大型動物を捕らえることはありませんが、ウサギやねずみ、鳥などを好物としています。
かといっていきなり肉は食べません。どこから食べると思いますか?
必ずお腹の柔らかい部分に食らいつきます。そして内臓を引きずり出し、血液の多い肝臓や腸を最初に食べるのです。
これは猫たちはそこに動物が食べた物が栄養素としてあることを知っているからです。
それが消化『酵素』なのです。

肉だけでは不足するビタミン・ミネラル類をそこから補給しているのです。
人間は野菜を口から入れますが、肉食類はこのように動物のお腹にある野菜を食べるのです。
だからいといってねずみや鳥を与えることは出来ません。また牛や豚肉もお勧め出来ません。
ところが馬は分類学的に奇蹄類(ひづめが割れていない)に属し、牛、豚などの偶蹄類(割れている)とは異なっているのです。
従って、狂牛病などとは無関係ですし、馬肉は厚生労働省のアレルギー指定当該品目ではありません。
そういう観点から低脂肪・低カロリー・高タンパク質の国産馬肉がキャットフードとして最適ではないでしょうか!
昨今この猫たちの健康が危ぶまれてきています。

ドライや缶詰ばかりなら「えーいっ、捕まっちゃうぞー。」

一緒に生活をしている猫たちは、間違った飼い方や人工的に作られた何が入っているか分からないドライペットフードを食べさせられて「生活習慣病・ストレス・アレルギー」などが増えてきています。
更に各社のフード19種類を分析にかけ、酸化防止剤の使用状況を調べたところ発ガン性が分かっているBHAと日本では使用が認可されていないエトキシキンの2つが、1,000円以上のプレミアムフード9種類のうちの2種類と、1,000円以下から10種類のうち7種類から、2つのいずれかか両方が検出されたそうです。
しかも、いくつかのフードには、アメリカで認められているエトキシキンの使用量基準の15〜37倍もの量が使われていることが報告されているのです。

かといって猫缶となると原料(肉や魚)を入れ、真空で密封されたあと120℃以上の高温で加熱処理をします。
付着する有害菌や、カビなどはほとんどすべて死滅し、製品は室温で2年ほど保存が可能になりますが同時に一番大事な酵素や他の栄養素が失われてしまい、栄養も偏ってしまいます。
まぁ、保存が効きますので外出用や災害時の保存食用としてなら与えてもいいかもしれません。
喋ることの出来ない猫たちの健康を守ることが出来るのは飼い主である「あなた」しかいません。

大事なパートナーのために一度是非馬肉を与えてみて下さい。

鹿肉で肥満解消〜!?したのだニャ〜。

食事

「僕の名前はもなか、11歳と5ヶ月の男子なのだ。」(2010.11.1現在)

皆、僕のことを「もなかさん」と呼ぶんだ。11歳といえば高齢期に突入しているからね。人間でいうと74歳かな?そうそうダイエットに成功したんだ。僕のページ覗いてみる?続く 矢印

 
キャットクラブ

年会費2,000円馬肉が20%OFFでお買い物が出来ます。入金確認後、特典商品をお送り致します。