キャットフードなら国内産馬肉 / プロショップのキャットフード+イン

キャットフード+イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
キャットフードのことならキャットフード+イン >> トップページ
CLUB会員のショッピングはこちら

CLUB会員のショッピングはこちら

安心な究極の馬肉キャットフード

安心な究極の馬肉キャットフード

あなたはまだキャットフードですか?

あなたはまだキャットフードですか?

添加物表示が任意なキャットフード

添加物表示が任意なキャットフード

おやつを越えた馬肉ジャーキー!

おやつを越えた馬肉ジャーキー!

当店は新鮮な馬肉を-45℃で管理

当店は新鮮な馬肉を-45℃で管理

キャットフードには馬肉が安心です

キャットフードには馬肉が安心です

クロネコ冷凍便でお届けします!

クロネコ冷凍便でお届けします!

 

鯨からの恵み「バニレン」
放射能分析試験表 当店の馬肉は安全です!

国産馬肉+内臓=アタッチ 1kg入り新発売♪

アタッチ

馬肉は犬に限らず猫にも理想的な食材です。特に肉だけではなく内臓に含まれるタウリンを与えることが大切になってきます。そうしたことから今まで馬肉グランプリの小分けを販売して参りましたが、もう少しリーズナブルなグランプリパーションとして発売致します。
そのために小分けではなく、1kgにしました。利用方法としましては自然解凍後、袋から取り出して包丁などでお肉に切れ目を入れて切り分けてラップに包んで再冷凍してその都度取り出してお使い下さい。熱処理された缶詰食を与えるより生食の方が栄養があります!

猫に与えるキャットフードは魚より肉が理想的です!

猫に魚だけ与えていたらいい、と思っていたら大間違いです。
確かに魚にも沢山栄養素はありますが必ずしも魚を与えなければならないということはありません。
むしろ不飽和脂肪酸で酸化した油脂で黄色脂肪症や栄養素が偏って神経炎やヘルニアなど様々な病気になります。
猫は消化管が短く、デンプンを消化する酵素が少ないのです。
またタウリンやアルギニンの必要量は体重1・に対して7.0g、犬は4.8gですからその必要量がいかに大きいかが分かります。
アラキドン酸やタウリンは動物性に多く含まれています。 犬より肉食性(待伏せ型)の動物なため、高タンパクな食事が大切になります。
肉で一番安全なのは『馬肉』です。馬は牛や豚などと違い、体温が5〜6度高いので寄生虫が住みつく心配がありません。現在食肉の中で猫には「馬肉」が最も安全且つ適したキャットフードだと思います。
因みに純然たる肉食動物ですから、野菜もほとんど必要はありません。

タウリンとは・・・生体内で重要な働きをする含硫アミンの一種です。猫はタウリンを合成する酵素を持っていない為重要な栄養素になります。
心筋・骨格筋・脾臓・肺・骨髄に多いので馬肉グランプリはお勧めしたい食餌といえます。イカにも多く含まれていますが猫には禁物です。

キャットフードに魚が入るのは日本だけです。

市販のキャットフードはAAFCOの栄養基準によって製造されていると思いますがその表示に粗タンパク質30%とあります。しかし実際の動物性タンパク質はどれだけ入っているかは不明です。
キャットフードに魚を使うのは日本だけということは知っていましたか?
元々猫は砂漠の生物で、動物の肉や内臓を好み、魚とは縁のないところに住んでいたのです。
しかもマグネシウムが多いので尿石になりやすく「ストルバイト尿石症」を発症する可能性があります。
更に怖いことは鰹節や煮干には酸化防止剤(BHA又は抽出ビタミンE)が使われているのです。

 
美味しそうな馬肉だニャ〜

足跡 知ってる?我輩は肉食である!

知ってる?我輩は肉食である!

猫の歯は肉に噛みつき引き裂くため鋭い犬歯4本あり、前歯は肉を骨からそぎ落とすためにあります。
奥歯は険しい山脈のような形で、裂肉歯といいます。ギザギザに噛み合うようになっていて肉を引き裂くためのものです。続きはこちら こちら

足跡 キャットフードは全て同じではない

キャットフードは生食と加工品に分かれます。

着色料や化学調味料、酸化防止剤増粘安定剤、動物性油脂に澱粉。
挙句の果てに不適切な肉を使って製造しているドライフードや熱処理で栄養や酵素がないウェットタイプや缶詰は猫にとっては不味いキャットフードなのです。続きはこちら こちら

 
鯨肉プレミアム「バレニン」 定期購入

鯨肉カット、ミンチを発売!鯨の機能性成分を愛猫に

毎月10日国産馬肉をお届けします!最大30%OFF

毎月28日は猫の日 OEM・業販卸

毎月28日は猫の日!馬肉キャットフードのサービス

馬肉キャットフードの業務卸や販売ご希望の方へ!

 

 

本来、肉食動物は草食動物の肉や内臓、あるいは腸内で発酵した草類などを摂取し、ビタミン等の栄養素を摂取してきたのです。猫もペットとして人に飼われるようになってから穀物や缶詰を与えられるようになりましたが、肉食としての構造、歯や胃、腸は何も変わっていないのです。即ち、皆さんが与えている合成添加物入りや粗タンパク質30%のドライフードに穀物、猫缶も本来の食べ物とは違う!ということです。
だからいといって牛や豚肉はお勧め出来ません。低脂肪・低カロリー・高タンパク質の国産馬肉がキャットフードとして最適ではないでしょうか! 馬肉は保存が大変ですが、もっと馬肉のことを知っていただいて大切な愛猫のために安全で美味しい『国産馬肉キャットフード』を与えてあげて欲しいと思います。矢印 続く

キャットフード+イン インフォメーション

  • キャットフード+イン2018年04月20日 今月の猫の日は4月28日(土)です。定価の20%OFFになります。
  • キャットフード+イン2018年04月15日 キャットフード+インはGW期間中(28日を除く)をお休みと致します。
  • キャットフード+イン2018年04月12日 キャットCLUBに入会しますと定価の20%OFFでお買い物が出来ます。
  • キャットフード+イン2018年04月10日 鯨肉&スジボイル「グリスル」発売準備中。OP価格100円でのご提供。
  • キャットフード+イン2018年04月06日 毎月10日は馬肉・鹿肉の定期購入日!最大30%OFFでお届けします。
  • 支援2018年04月02日 3月分売上の一部を九州北部豪雨災害地に寄付させていただきました。
  • キャットフード+イン2018年03月17日 天然川エビパウダー天日干し10g入りをOP価格80円で新発売します。